結婚式の新常識!予算50万円以下でも海外ウエディングの夢は叶います。

資金50万円以下の結婚式

経済的に苦しくても結婚式は挙げておきたいと考えるカップルは多いです。

 

大切なパートナーとこれからの人生を共に歩んで行くのですから、ケジメを付けたいと思うのは当然でしょう。

 

そんなカップルにこそ知ってもらいたいのが、資金50万円以下の結婚式についてです。
少ない予算のせいで、質素で悲しくなるような結婚式を想像してしまうかもしれません。

 

しかし、50万円以下でも素敵な結婚式は挙げられるのです。

 

具体的にどんなウエディングプランがあるのか見て行きましょう。

 

海外ウエディング

海外の海にいるカップルの手

 

時期やタイミングにもよりますが、50万円あればグアムで結婚式を挙げられます。

披露宴や食事は無しで、指輪交換と誓いの言葉だけを交わしてウエディングフォトを撮影するようなプランです。

 

このようなプランであれば旅行代と挙式代、ウエディングフォト代を含めて50万円以下に抑えられるでしょう。
家族と友人を合わせて10人を超えるようだと少し厳しくなりますが、少人数であれば問題ありません。

 

台湾やハワイなども人気で、旅行シーズンから外れていれば低予算で結婚式のプランを組み立てられます。

 

海外に憧れを持っているなら積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

 

セルフウエディング

会場の確保や食事の準備を自分自身で行う結婚式も良いでしょう。

 

レンタルスペースやおしゃれなレストランを貸し切りにして、神父さんを呼べば挙式は行えます。
神父さんを雇うビジネスが始まっており、これを利用すれば予算を大幅に削減できるのです。

 

ウエディングフォトを撮影するカメラマンも雇えますし、最近はスマホのカメラ性能が良いので家族に撮ってもらうことも可能でしょう。

 

ただし、セルフウエディングは準備に時間が掛かります。
会場の確保から食事の準備までいろいろやらなければなりません。

 

予算を抑えられる代わりに時間が奪われるので覚悟しておきましょう。

トラブルが発生した場合は責任を負うこともあるので、入念な下調べがポイントになります。

 

挙式だけのウエディング

指輪の交換をしているカップル

 

指輪交換などの挙式のみを行い、食事は近くの飲食店で済ませてしまうプランもありです。

 

こうした結婚式では、挙式の費用と食事代しか発生しないので50万円以下に抑えることができるでしょう。
馴染みのお店があるなら挙式の後にそこで食事をするのもアットホームな雰囲気で良い思い出になるはずです。

 

挙式だけでは物足りないようなら、少し奮発してウエディングフォトを撮影するのも良いです。
もちろん、家族結婚式が前提になるので親しい友人と家族だけを呼ぶことになります。

 

10名から20名程度であれば簡単にお店を予約しておけますし、式場で食事をするよりも遥かに低予算にできるでしょう。

 

資金50万円以下を考えているなら、挙式だけという選択肢も視野に入れてみてください。

TOPへ