自己負担ゼロで挙げられる結婚式の仕組みや注意点をまとめました。

資金ゼロ円の結婚式

結婚したくても貯えがなく、式を挙げるどころでは無いという状況は珍しくありません。

 

サラリーマンの30%前後が貯蓄は無いと回答する現代で、資金ゼロ円は普通にあり得るのです。
貯蓄が無いのを理由に結婚式を諦めてしまい、後悔している女性は想像以上に多いです。

 

そんな資金ゼロ円の人に朗報なのが、自己負担ゼロ円の結婚式についてです。
経済的に困窮する人を対象にしたゼロ円の結婚式プランは、すべての女性の味方なのです。

 

どのような仕組みで自己負担無しの結婚式が成り立つのか、詳細をまとめていきたいと思います。

 

自己負担ゼロ円の結婚式とは?

ゼロのカタチをしたオブジェクト

 

ゼロ円の結婚式などある訳が無いと思うかもしれませんが、実際に存在しています。

 

もちろん、無料で結婚式ができる訳ではありません。
あくまでも「自己負担」がゼロ円の結婚式というのがポイントです。

 

仕組みはシンプルで、結婚式に招待した人に会費を出してもらい費用を賄うのです。

 

例えば、会費は2万円の結婚式に50人以上を招待する条件で行えるプランがあります。
この場合、50人がそれぞれ2万円の会費を払うので100万円相当の結婚式が挙げられるでしょう。

 

 

会費ではなくご祝儀で費用を賄う方法でも良いです。

 

会費を集める方法であれば、自己負担がゼロ円にも関わらず豪華な結婚式を行えるのです。
資金がゼロ円だからといって結婚式を諦めるのは早いと断言します。

 

人数が多い方が豪華になる

結婚式にでてくるお酒

 

家族結婚式のケースでは親しい友人や家族だけを集めた小規模なものになります。

 

これが予算を抑える秘訣になるのですが、ゼロ円結婚式の場合は人数を多く集める方が豪華な結婚式にできるのです。

 

予算が多めに集まったら、ドレスのグレードアップやウエディングムービーの撮影などの費用にあてるのもおすすめです。

 

会費やご祝儀が集まれば集まるほど楽しい結婚パーティーになるでしょう。

 

ゼロ円結婚式のトラブル

自己負担がゼロ円の結婚式は夢のようなプランです。
ウエディングドレスに憧れを持つ女性にとっては非常にありがたいものでしょう。

 

しかし、このゼロ円結婚式には意外なトラブルがあるので注意してください。

 

まず最初に気をつけたいのが、招待した人が欠席してしまう場合です。

 

招待した人の会費やご祝儀で結婚式の料金を支払うので、欠席されると予算が足りなくなってしまいます。

欠席した人に支払いを催促すると、金銭的なトラブルに発展する恐れがあるので注意しましょう。

 

それから、依頼する結婚式場によっては詐欺のようなプランになります。
まずい料理にグダグダの司会進行のせいで、最悪な結婚式になるかもしれません。

 

しっかりと下見やプランの内容を確認し、祝福しに来てくれた人たちが楽しめるような結婚式になるよう準備をしておくことが大切です。

TOPへ