みなさんこんにちは。

昨日は

関東などで雪やみぞれが降りましたね。ほんとビックリです。

東京都心では1969年以来、41年ぶりに

最も遅い降雪記録だとか。

オワゾブルー&プゥル・マ・シェリも雪が積もりました。

01春の雪

でもそんな中、

プゥル・マ・シェリで

パーティを開催していただいたお客様もいます。

もともとMAX収容70名の所を、

25名程度で使用されたので

レイアウトを一工夫して、レトランのように

セッティングしてみました。

 

00宴会シルバー

 

会場の後方のお客様に声を掛けてみたら、みんな

いい感じで酔ってヽ(^。^)ノました。

テーブルの上はビールもあったけど

みんな焼酎飲んで盛り上がっていました。

宴会ピース

 みんなしてピースって。

今回ご用意した麦焼酎は「天草」。

神秘の島といわれる天草群島、

下島の小さな蔵で、情熱を込めて

造られたこだわりの逸品です。

ライト感覚で、飲みやすいからどんどんいけたんだと

思います。

でもお作りしていったらチョット濃いと言われ、みんな水で

調整してました。みんな薄口なんですね。

天草

 

各企業のパーティや披露宴の2次会、海外挙式後の1.5次会などの

パーティの受付も行っておりまます。 

chihiro

是非お待ちしてます。  それではまた。

『プゥル・マ・シェリ~大切な人の為の場所~』

ブログをご覧の皆様こんにちは(^^)/ 

ポカポカ陽気と寒い日があり、気温の差を感じる今日この頃です。

2010年4月10日 オワゾブルーでまた一組のお客様が結婚式を挙げました。

そしてパーティはプゥル・マ・シェリで・・・。

こんなスタイルもオススメという1組です。

 

オワゾブルー

 

挙式は友人中心。でもきちんと家族も呼んで感謝を伝えました。

 

マシェリ看板

 

友人たち久々に会った。せっかくだからもてなしたい。

プゥル・マ・シェリを借りて、フレンチもいいかも。

そんな思いで挙式も無事終わり、夜のパーティへと・・・。

 

厨房で前菜

 

旬野菜のテリーヌ 春の香りを添えて ★★★三ツ星

厨房では、この春でもっとも美味しさを発揮できる食材を集め最大限に

生かす料理の準備が始まる。

 

会場写真

 

挙式のあとご新郎、ご新婦様はタキシードとドレスを脱がれ

友人達約40名と一緒に夜のパーティを楽しみました。

 

デシャップ

 山口萩産鮮魚のヴァプール クーリと共に

ヴァプール・・・よく蒸すときなどに使われるね。

鮮魚を蒸しあげ、熱々の旬野菜のソース(黄色人参)と一緒に。

 

20歳以下の友人達が多いパーティだったので、ライトフレンチとは言え

本当にお口にあうか・・・中盤心配でしたが、みんなキレイに食べていただけました(^^)。

 

雨細工ハート

 

相馬シェフが厨房に入り、ずっと描いていたハート型の

雨細工 ボンマリアージュです。

※ボンマリアージュとは素敵な結婚式、最高の結婚式などの意味です。

デザートと一緒に出て来て、友人達も携帯で写真撮り放題。

 

プランナーとシェフ

 

最後にお二人とプランナーとシェフ、4人で記念撮影。

ドレスなど着ていないパーティだったので、お二人も料理が食べれて良かったです。

披露宴って料理食べれなかったり、冷めてしまったりとなんか台無しの箇所も多く

ありますよね。でもプゥル・マ・シェリの料理は大丈夫。

まず、冷めても美味しいという魔法のような料理を提供しております。

相馬シェフならではですね。

そしてもし披露宴のプログラムが盛りだくさんの場合はプランナーに相談してみて下さい。

きっと、後日ご招待などの提案をしてくれます。やっぱりおふたり目線の担当者達です。

 

夜は寒いです。体冷やさないで下さい。

 

『プゥル・マ・シェリ ~大切な人の為の場所~』  それではまた。

こんにちは。オワゾブルー支配人の市田です。
これまで、どれだけの数の結婚式をお手伝いさせていただいたでしょうか?
その一組一組に、大切なエピソードがあるはずです。
誰に見守られながら、二人の誓いを交わしましょうか?

先日の挙式の後、新婦様とご友人の皆さまで一枚。

003
ブログ載せてもいいですか?とお願いすると快く撮らせていただきました!
平成生まれのお二人と、そのご友人。
お二人だからこそのウエディングを叶えたいという思いから、オワゾブルーの挙式と
プゥル マ シェリでの会費制パーティ。
お友達の中には結婚式へのご参加が初めての方もいらっしゃったようでした。
とても素敵な時間でした。最後にブーケトスの直前の様子を一枚。

004

 

幸せのおすそわけ、オワゾブルーのウエディングはいかがでしたでしょうか?

こんにちは。オワゾブルー支配人の市田です。
先日、ドイツにいる大切な友人が日本に戻ってきました。
5年と3カ月の長いようであっという間の期間でした。
皆様にとって大切な方はどなたでしょう?

オワゾブルーの結婚式は「絆」をテーマに考えております。
大切な方々に見守られながら、厳粛であたたかい挙式の時間をお過ごしいただけます。

さて、先日オワゾブルーで挙式をされたお客様の列席者に、以前オワゾブルーでご自身も挙式をされたお二人が列席されていました。
オワゾブルーの支配人として嬉しい瞬間です。
お二人にはさらに素敵なお嬢様がいらっしゃいました(^^♪

fuekisama

また、お越し下さいませ!!

ブライズROOM

 

 

 

 

 

 

 

ここプゥル・マ・シェリのブライズROOM!

結婚式の当日は心から誓い、美しく装い、精いっぱいもてなす晴れの舞台。

主役たちにも緊張を解きほぐし、疲れを癒やすためのプライベートな場所が

必要です。快適さにこだわった余裕のある空間。憩いの場としてだけでなく、

ご家族やゲストとの語らいの場としてもご利用いただけます。

 

2Fロビー

 

 

 

 

 

 

プゥル・マ・シェリでは、ウェディングパーティスペースのほか、

ウェルカムパーティなども楽しめるウエイティングスペースがあり、

親族やゲストの交流が深められます。

 

 

テーブルアングル

 

 

 

 

 

 

 

カトラリー

 

 

 

 

 

 

 

キレイに並べられた、椅子やカトラリー、グラス類。

フレンチスタイルには、あまり見た事がないセッティング。特に披露宴では。

テーブルには、会場にあうブラウンのナフキンとメニュー表。そして席札。

メニュー表はフランス語は一切なし。ゲストのことを考えてメニューと解説付き。

これはありがたい・・・。

フォークやナイフは雰囲気が堅くならないように工夫され、

レストが置いてあり、食事中休ませる際に使っていただきます。

お箸もあるから、ご親族の方を考えると◎ですよね。

 

 

 

シャンデリア

 

 

 

 

 

 

 

天井にはシャンデリアとミラーがあって、キャンドルを灯したり

すると、会場全体が反射してキャンドルウェディングに・・・。。

 

旬野菜

 

 

 

 

 

 

 

旬野菜のタルト 春の香りを添えて

塩味のタルト生地に、旬の野菜を約20種類ほど使い、

タルトに仕上げた前菜です。春の野菜を感じる一品。

女性には目で楽しめるスペシャリテメニューです。

 

フラン

 

 

 

 

 

 

 

フォアグラのフラン 季節のソースで

フォアグラを軽いフランに仕立て、季節のソースで召し上がっていただきます。

一度お腹に満腹感が感じます。男性には嬉しい!

 

 

魚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口県萩産桜鯛のナージュ ブルーテと共に 

 春においしい桜鯛を低温でやさしく焼き上げ、旬の野菜による熱々のブルーテで

召し上がっていただくスープ仕立ての魚料理です。

 

肉

 

 

 

 

 

 

 

霧降高原牛の低温ロースト セージの香り 

 レストラン チヒロ独自の調理法を用い、牛肉を低温でローストしました。

ジューシーに仕上げたローストビーフを、さっぱりとしたソースで召し上がって頂きます。

低温で調理するとストレスをかけず、肉汁たっぷりのヴィヤンド(肉料理)に仕上がります。

 

ピラフ

 

 

 

 

 

 

 

トマトのピラフ バジル風味

お肉料理に合わせて、トマトと炊き上げたピラフを提供いたします。

フレンチでよくあるご意見で、ご飯物を出してほしいというのが

主催者側の本音かもしれません。

お腹を満たす、何か・・・それは「ピラフ」です。う~ん最高!

 

デセール

 

 

 

 

 

 

 

デセール ドゥ プゥル・マ・シェリ

ウェディングケーキをショートに切って、お皿に盛り付けられます。

クラシックな技法と最優先の理論も用い、

素材をストレートに表現したデザートをお楽しみください。

 

お子様ランチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この料理は・・・

そう、ちびっ子用のプレートメニューです。

フレンチだけど、お子様にも食べやすいから、親御様も安心!

 

 

プゥル・マ・シェリのメニューは食べた人も、これから食べられる人にも

「幸せにするアイテム」に変わりはありません。

少人数のウェディングでも、大人数のウェディングでも

同じようにひと皿ひと皿を大切にお出ししたいと思います。

お料理に込められた、おふたりの「ありがとう」の想い。

それを一緒にお伝えできることが、私たちにとって最大の喜びです。

 

『プゥル・マ・シェリ~大切な人の為の場所~』