Categoryマネージャー

みなさん!こんにちは~。

暑い暑い毎日です。8月もあと10日ほど。乗り切っていきまっしょい。

 

今日は、少人数での結婚式での、「見守る」について考えていきたいと思います。

結婚式の特に挙式では、「見守る」事は当たり前と考えてしまいますが、

オワゾブルーの挙式では、基本となる席順がある中、お客様の要望があれば席順(位置)を

変えることが出来ます。

友達に近くで見てほしい、父・母に、そして、おじいちゃん、おばちゃんにもこの場所で見てほしい。

1540

 

今まで考えたことなかった、父と母の想い・・・。

緊張も式のあるけど、式の中で感じていただきたいです。

それではまた!

 

みなさんこんにちは。

8月に突入~。

夏休みでもあるから、ショッピングモールでは、さまざまなイベント行っていて、子供たちも楽しそうにしてますよね~。

 

さて、今日は、「青バラのコサージュ」についてです。

挙式受付では、「青バラのコサージュ」をお渡しし、ゲストの方々に付けていただいております。

ゲスト全員に同じ気持ちで挙式の望んでいただきたいと願うウェディングアイテムです。

0071

 

0077

 

0211

 

スタッフももちろん付け、同じ気持ちでお手伝いさせていただいております。

 

新郎新婦様に、幸せを願って。

 

 

それではまた!

 

 

 

みなさんこんにちは。

今日もオワゾブルーのブログやfacebookなどご覧いただき、ありがとうございます。

今日も湿度が高そうです。このところ、雨が多かったので、オワゾブルーの外で写真を撮ったり、フラワーシャワーやトスブーケ、バルーンリリースやピジョンリリース(鳩が飛ぶ)、前撮りなどの写真撮影が楽しみです。

さて、今日はその写真撮影についてです。

撮影の種類はさまざまで、

【結婚式当日撮影】

①挙式や披露宴密着!のスナップ撮影 → アルバムとなる

②家族や親族大集合、または新郎新婦だけの記念撮影 → 型物となる(2面式)

ロケーション撮影 → 屋外を使った撮影

スタジオ撮影 → オワゾブルーではスタジオ写真は行ってないです。

また、結婚式の日以外に、ゆっくり写真撮りを行い方は、結婚式前に撮影の前撮りがあります。

【前撮り撮影】

①挙式会場や披露宴会場(外館含)を使っての撮影 → アルバムとなる

②おふたりの思い出の場所に行ってのロケーション撮影 → アルバムとなる

大切な人との幸せな表情を、写真という記録に残す。

内容の前に撮影をお願いするか迷われている方へ、、、 「お願いして良かった」と思えるウェディングアイテムになるはず。

結婚記念日に、食事をしながら、毎年アルバムを広げて語り合ってみてはいかがでしょうか。

107 116 104 105 271 161 106 0195 0020 070

 

前撮影は平日がオススメ♪   それでは、また会いましょう。

 

 

みなさん、こんにちは。

そして、オワゾブルーBlog記事をご覧いただき有難うございます。

今日は、挙式あとの新郎新婦様の表情についてです。

挙式のあとの流れはこうです。

ウェディングミニスターとの会談(挙式を終えてのおふたりと)、集合写真&おふたりの写真撮影、家族写真撮影、フラワーシャワー、ブーケトス、全員の集合写真などなどです。

挙式を終え、新郎新婦様の表情が少しずつ和らいでいくのを感じます。おふたりらしさが出る「真実の瞬間」は、おふたりが笑顔のとき。

私達はいつもそれを追い求めていきたいです。

HAPPY SMILE。

0425

【フラワーシャワー前のおふたりの様子】

それではまた!

 

オワゾブルーのBlogをご覧の皆さん、こんにちは!

今日は、スタッフみんなで準備してきた、モデルさん達によるウェディングシーンの撮影です。

今日の撮影は外での撮影もあったので、火曜日から(昨日は定休日でしたので)お天気がどうなるか、

心配でした。

でも、午前10時頃から、小雨も止み、くもり、そして、青空の時間帯もあったんです。

外での撮影も無事出来ました。

0114

オワゾブルーの象徴でもある、奇跡の青いバラも、活躍してくれました。(ガムテープは余計でしたね)

 

0120

今日の空はこんな感じでしたが、撮影ができて、良かったです。

新郎新婦様役のモデルさん、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃん役のモデルさん達、カメラマンの方、

ヘアメイクスタイリスト(ヴィサージュの皆様)、衣裳を提供していただきましたブライダルコスチュームGAJOの皆様、

本当に長時間に渡り、お疲れ様でした。そして有難うございました。

式場をご検討されてる方々に、早くお見せできるように準備してまいります。

 

それではまた!